Teddy Flannel Blanketはドラマーを募集しています 〔2016.2.21〕

 

先日2/18に行われたフリーライブをもちましてDr.鈴木龍二が脱退いたしました。

つきまして現在Teddy Flannel Blanketはドラマーを募集しております。

 

一緒に夢を追っていただける方は是非、下記リンクよりご一報ください。

 

ご応募はこちらから

 

Teddy Flannel Blanket メンバー 一同


Teddy Flannel Blanketより、重要なお知らせ 〔2016.1.30〕

 

いつもTeddy Flannel Blanketを応援していただき、誠にありがとうございます。

 

2月18日に渋谷チェルシーホテルにて行われるフリーライブをもちまして、Dr.鈴木龍二が脱退することになりました。

急なご報告となりまして大変申し訳ありません。

 

メンバーからのコメント

=====

 

この度は、突然の発表で申し訳ありませんでした。

突然の脱退ということで、驚かせてしまった方もいるかもしれませんが、しっかりと考えて、メンバーで話し合って決めたことです。

 

Teddy Flannel Blanketとして過ごした1年間は、おかげさまで本当に激動の1年だったなと思います。

色々な場所でライブをやらせて頂き、沢山の人と出会いました。

 

この1年、僕らのことを応援してくれていた方々には、感謝してもしきれません。

ありがとうございました。

 

Teddy Flannel Blanketとして動いていく中で、仲間と言える存在がどんどん周りに増えていって、メンバーとの絆も日を追うごとに深まり、確固たる【自分の居場所】というものを感じていました。

 

僕らは確かに、同じ方向を向いて、しっかりと足並みを揃えて走っていたと思います。

 

しかし、思い描くビジョンの相違を感じた日から、少しずつ進む方向が変わって行きました。

 

その時に、このままでいるよりも、お互いがより一層躍進するために今回の決断を下すことになりました。

 

僕たちの目指す場所は『音楽』という点ではズレていません。

 

なので、今まではメンバーとして、これからはライバルとして切磋琢磨し合っていきたいと思っています。

 

今後ともTeddy Flannel Blanket、そして鈴木龍二をよろしくお願いします。

 

鈴木龍二

 

=====

 

龍二がTeddy Flannel Blanketに入ってから約一年、龍二も書いているように「激動」という言葉がぴったりな一年でした。

 

龍二の加入と同時に今の事務所に入って

初めて自分達のCDが全国リリースされることが決まって

初めてツアーをまわって、たくさんの人に出会って

音楽を通した仲間や、Teddy Flannel Blanketのことを好きになってくれる人も増えてきて、、

 

確かにしんどいことも沢山あって、

むしろしんどいことの方が多かったぐらいでしたが

 

それでも、楽しかった。

 

龍二とはさんざん喧嘩もしたけど、なんだかんだで次のスタジオの時にはお互いケロッと笑って顔突き合わせられるような関係でやってきて

 

言葉にすると本当に変な関係ではありますが、

仲良しこよしでやってきたバンドでもないけれど

今思い返してみると

「あぁ、俺らなんだかんだで仲いいんだな」

って思ったり

 

そんな感じで4人でやってきた日々の中で

音楽を通して成し遂げたいことが少しずつ違ってきた故の今回の脱退だからこそ

僕達はいつまでも友達だしライバルであり続けられると確信しています。

 

 

 

長くなりましたが、これからのTeddy Flannel Blanketと

HIGH BONE MUSCLEとしてのドラマー、鈴木龍二を末永く見守っていてください。

 

この4人で立てるステージも片手で数えられるくらいになってしまいましたが、

最後の最後まで全力で僕らの音楽を鳴らしていきます。

 

 

Teddy Flannel Blanket

中山勇輝

峯村仁士

山谷寛之